台風が来る前と来た後にするべきこととは

接近・上陸する日がわかったらやること

接近・上陸する日がわかったら、ぜひやってほしい準備があります。
まずは、植木鉢やプランターを片付けましょう。
これらは強風によって飛ばされてしまう可能性が高いため、紐などで固定するか、家の中に入れるという手段をとると良いと思います。
また、同じく犬小屋なども避難させましょう。
台風の風で外から飛んできたガラス破片や木の破片、瓦などで窓が割れないようにするために雨戸をしっかり閉めることをおすすめします。
併せて、窓ガラスの補強として養生テープで補強することで、万が一窓ガラスが割れてしまった場合でも、ガラスの飛散を最小限に抑えることが可能です。
さらに、補強したガラス窓の上からカーテンを閉めることで、飛散したガラスと接触する可能性は低くなるでしょう。
また、ライフラインが止まる可能性を考えて、非常用品もしっかり準備しておきましょう。

台風が過ぎ去った後にやること

台風が過ぎ去った後、安心して何もしないという方はいらっしゃいませんか?
ぜひ、やっていただきたいチェックがあります。
家の中は大丈夫だとしても、家は傷を負って私たちを守ってくれたかもしれません。
具体的には、まず屋根をチェックしましょう。
瓦屋根を採用している家では、瓦がずれているかいないかを見てください。
もし、ずれたままでいた場合、知らず知らずの間に雨漏りを起こしてしまう可能性があります。
また、次の台風上陸に伴う強風で、ずれた瓦が飛び、他の家の方に被害を加えてしまう可能性も考えられます。
次に、雨どいに何か詰まっていないかチェックしてください。
強風によって飛んできた物が雨どいにつまっていた場合、雨水を上手に流すことができなくなってしまい、重さに耐えきれずに折れ曲がったり、落ちたりしてしまう可能性があります。


この記事をシェアする